薄毛で悩んだ私が、フィンジアを選んだ理由

ここではフィンジアが人気のある秘訣を3つ紹介したいと思います。
私もいろいろな育毛剤を比較してフィンジアを選んだので、どういった理由がきっかけになったのか解説していきたいと思います。

 

配合されている成分が魅力的

 

フィンジアに入っている成分はちょっと目を引くようなものがあり、以前から注目していました。
特に気になったのがキャピキシルとピディオキシジルとカプサイシン。

 

キャピキシルはミノキシジルにも負けない作用があって、薄毛改善効果があるというのは前から聞いていました。
具体的にはDHT抑制作用があるということなので、フィナステリドと同等の効果が期待できるんじゃないかと思いました。

 

ピディオキシジルはなかなか他の育毛剤には入っていないんですね。
作用的には毛母細胞の活性化や血行促進作用があり、ミノキシジルとちょっと似たような作用があって「ミノキシジル誘導体」なんて呼ばれていますね。

 

カプサイシンは唐辛子にも含まれている辛味成分で頭皮の毛細血管の血行促進作用があります。
体全体の体温が高くなって血液循環が良くなることでもおなじみです。

 

他の育毛剤の効果にちょっと疑心暗鬼な気持ちも出てきていたので、フィンジアを使ってみたいという気持ちが出てきました。
関連:フィンジアの効果は?ミノキシジルよりスゴイって本当?

 

キャピキシル配合の育毛剤では安い

 

キャピキシル配合の育毛剤はフィンジアの他にスカルプ5.0C、Deeper3Dなどがあります。

 

でもその他の育毛剤は、はっきり言ってめちゃくちゃ高い!

 

例えばスカルプ5.0Cは単体で買っちゃったら毎回1本1万円します。
Deeper3Dに関しては1本で1万4,000円ですからね・・・。
これではいくら育毛効果があると言われても、毎月支払うにはちょっと高すぎです。

 

そんな中、フィンジアは3本定期購入なら2万6,900円ですから1本あたり9、000円を切ります。
キャピキシル配合の育毛剤の中では安い部類なので、フィンジアを選択している人が多いんじゃないでしょうか。
関連:フィンジアのコストパフォーマンスを検証

 

育毛剤販売に定評ある会社が作っている

 

商品自体も大事ですけど、「どんな会社が作っているのか」というのもやっぱり判断材料の一つじゃないかなと思います。
フィンジアを販売しているのはユーピーエスという会社。

 

会社自体の知名度はイマイチですけど(私は知らなかったです)、育毛剤のプランテルを作っている会社と言えば知っている人も多いかも。
プランテルは長年販売されて薄毛患者の間でも結構知れ渡っている育毛剤です。

 

その会社が新たに販売した育毛剤となれば、ちょっと興味が出てきますよね。
例えばゲームでも知らないメーカーから発売されているものより、任天堂が発売するものの方が面白そうな感じがしますよね。

 

それと同じで育毛販売に定評のある会社が作っているものの方が期待値はかなり高いんじゃないかなと思います。