【徹底検証】育毛剤と発毛剤の違いとは?意外としらない育毛知識

薄毛、脱毛対策は、個々人の症状により一様ではありません。それぞれに合った対策を適切に行うことによって男性型脱毛症(AGA)は、改善する可能性があります。薄毛、脱毛対策に用いられる育毛剤と発毛剤は、一見名前は似ていますが、効果と性質は全くことなります。まずそれぞれの特徴を正確に把握しましょう。

 

育毛剤と発毛剤の効果の違い

 

育毛剤は?

育毛剤は、現在生えている髪の毛を温存し、文字通り育てることを主眼にした製品のことを差します。今ある髪の成長を助け、太く、長く成長するための頭皮環境改善や、血流促進、炎症、アレルギー対策や、脱毛予防として用いられるものが育毛剤です。薄毛、脱毛の程度が比較的軽微な人が用いるものと把握しておけばよいでしょう。

 

発毛剤は?

発毛剤とは、既に頭皮に髪がない状態から、髪を発毛させることを主眼とした商品を差します。大別すると、血管を拡張し、血流促進を促すことで、毛母、毛乳頭細胞を再生させ、正常な育毛サイクルを取り戻すことを目的とした発毛剤と、体内で働く過剰なホルモンに作用することで、脱毛を防止し、発毛につなげる2つのタイプが存在します。症状に合わせて、どちらか一方または、2つを組み合わせて使用することにより発毛効果を促進します。薄毛、脱毛が進行し、頭皮から新たに髪を生えさせる必要がある人が用いるものと把握しましょう。

育毛剤と発毛剤の薬機法分類における違い

育毛剤の多くが、医薬品部外品に分類されるのに対して、発毛剤は医薬品に分類されます。また現在では、発毛剤主成分の分子構造の一部を変異させた誘導体成分を含んだ化粧品分類の育毛剤も存在します。

 

医薬品とは主に、病気の治療を目的としたもので、厚生労働省により配合成分の有効性が認められているものを指します。一方医薬部外品は、主に治療より予防、衛生を目的にした有効成分が一定以上配合されているものを指します。

 

つまり男性型脱毛症が進行している場合は、治療目的の医薬品である発毛剤を用い、進行が軽微で、また薄毛・脱毛を予防するために用いられるのが医薬部外品や化粧品分類の育毛剤ということになります。どちらも厳密に定められていますが、大きな効果を上げる可能性があるのは発毛剤で、育毛剤の効果は緩やかになります。

 

育毛剤と発毛剤の金額や入手方法の違い

発毛剤は医薬品に分類されますので、医師または薬剤師による処方がメインになります。医師の適切な指導の下に処方されたり、またドラッグストアで薬剤師の簡単な問診の下で販売されることになります。現在では、第1類医薬品と第2類医薬品のネット販売が解禁されていますので、ミノキシジルを含むリアップも、ネットでの簡単なチェック項目を確認するだけで購入することができます。医薬品ということもあり、医師の処方を経るものも含めて薬価は育毛剤に比べて高く設定されています。(AGAの治療は自由診療で、保険適用外です。)

 

一方育毛剤は、医薬部外品、化粧品に分類され、製品も多岐に渡りますが、ドラッグストアやネットで気軽に入手することができます。価格も一般的に発毛剤よりも安価です。

 

育毛剤と発毛剤の副作用による違い

発毛剤は、医薬品であり、医師の処方が必要なものもありますので、効果が高い分、副作用を引き起こす可能性は高くなります。頭皮に散布し、血流を促進し、発毛を促すタイプの薬では、皮膚のかぶれ、かゆみといった接触皮膚炎の他、にきびやじんましんの症状が現れる可能性があります。さらに低血圧症、不整脈の危険性もあります。また、体内で働く過剰なホルモンの分泌、作用を抑制するタイプの薬では、性欲減退、勃起不全の他、乳房肥大等の女性化症状、また重篤な肝機能障害に陥る可能性も指摘されています。

 

他方育毛剤は、頭皮環境の改善と血流促進を目的とし、予防目的の使用であることから副作用のレベルは軽微で、重篤な症状に陥ることは稀です。副作用に関しては殆ど心配する必要はありません。

 

以上が育毛剤と発毛剤の違いになります。個人の薄毛、脱毛といったAGAの進行度合いに合わせて、適切に用いる薬剤、製品を選択、組み合わせていきましょう。