育毛剤の「医薬品」と「医薬部外品」の違い〜成分・効能・副作用〜

育毛剤は、医薬品と医薬部外品に大別することができます。
それぞれどのような違いがあり、育毛にどのような効果があるのでしょうか。詳しく解説いたします。

 

医薬品と医薬部外品の違い

医薬品と医薬部外品は、それぞれ薬機法により厳密に規定されています。
法律の条文を抜粋してみてみましょう。

 

まず、医薬品について書かれているのが、薬機法第二条第一項です。

 

第二条  この法律で「医薬品」とは、次に掲げる物をいう。
一  日本薬局方に収められている物
二  人又は動物の疾病の診断、治療又は予防に使用されることが目的とされている物であつて、機械器具等(機械器具、歯科材料、医療用品、衛生用品並びにプログラム(電子計算機に対する指令であつて、一の結果を得ることができるように組み合わされたものをいう。以下同じ。)及びこれを記録した記録媒体をいう。以下同じ。)でないもの(医薬部外品及び再生医療等製品を除く。)
三  人又は動物の身体の構造又は機能に影響を及ぼすことが目的とされている物であつて、機械器具等でないもの(医薬部外品、化粧品及び再生医療等製品を除く。)

 

つまり医薬品とは、病気の治療、予防を目的にしたものを指します。育毛剤にこれを当てはめた場合、薄毛・脱毛が進行し、男性型脱毛症(AGA)の治療に用いられる薬剤のことを差します。正確には、今ある髪を温存し、脱毛を防ぐ育毛剤というよりは、毛母、毛乳頭細胞を再生させ、新たに髪を生えさせることを目的とした発毛剤が医薬品に該当します。

 

厚生労働省の認可を受け、配合されている成分の効果が認められた薬剤を含んだ製品のことで、現在日本で唯一の発毛剤を謳うミノキシジルを含むリアップや、フィナステリドを主成分とした飲み薬であるプロペシアは共に医薬品です。

 

続いて医薬部部外品について規定された薬機法第二条第二項をみてみましょう。

 

この法律で「医薬部外品」とは、次に掲げる物であつて人体に対する作用が緩和なものをいう。
一  次のイからハまでに掲げる目的のために使用される物(これらの使用目的のほかに、併せて前項第二号又は第三号に規定する目的のために使用される物を除く。)であつて機械器具等でないもの
イ 吐きけその他の不快感又は口臭若しくは体臭の防止
ロ あせも、ただれ等の防止
ハ 脱毛の防止、育毛又は除毛
二  人又は動物の保健のためにするねずみ、はえ、蚊、のみその他これらに類する生物の防除の目的のために使用される物(この使用目的のほかに、併せて前項第二号又は第三号に規定する目的のために使用される物を除く。)であつて機械器具等でないもの
三  前項第二号又は第三号に規定する目的のために使用される物(前二号に掲げる物を除く。)のうち、厚生労働大臣が指定するもの

 

医薬部外品として用いられる育毛剤は、二項ハに見られるように脱毛の防止、育毛に用いられるものということになります。厚生労働省が認可した効果効能に有効な成分が、一定の濃度配合されているものを指します。医薬品と大きく異なるのは、治療目的ではなく予防目的で使用されることを前提にしている点です。頭皮環境を整え、血流を促進して、脱毛を防止することで、今ある髪をより健やかに育てることを目的とした製品が該当します。

 

つまり、医薬品である発毛剤が、AGAの治療を目的にしているのに対して、医薬部外品の育毛剤は、予防を目的としている点で大きく異なります。また条文に記載されているように、医薬部外品である育毛剤は、医薬品である発毛剤よりも効果が緩やかになります。

 

育毛剤を使用する際は、前提となる症状・効果が、医薬品と医薬部外品それぞれ違っているので注意が必要になります。

 

医薬品と医薬部外品の処方、入手方法の違いについて

医薬品は、効果、効能が高い分、原則医師の処方が必要であったり、薬剤師の指導の下で処方されます。医薬品は、薬を使用する消費者への情報提供の必要性の重要度によって、第一類、第二類、第三類の3種類に分類されています。

 

ミノキシジルを主成分とした発毛剤であるリアップは、第一類に分類され、原則薬剤師による書面を使った情報提供が義務づけられています。現在ではネットでも購入可能となっており、購入者が簡単なチェック項目を確認することで同様の情報提供、同意を得たとみなすものもあります。

 

また内服で用いられる発毛剤のプロペシア等の薬剤は、個人輸入による海外からの仕入れを除けば、例外なく医師による問診と処方箋が必要になります。内服は、男性ホルモンに作用するため、その人体への影響の重大さと、副作用の危険性などを考慮する必要があるからです。

 

一方で医薬部外品の育毛剤は、人体に対する作用が緩やかであり、治療目的ではなく予防を主眼としたものになりますので、ドラッグストアを始め、ネット通販等でも容易に入手することができます。頭皮環境を改善し、血流を促進するタイプの育毛剤ですので、AGAが進行している場合にはあまり効果がありませんが、軽度の脱毛には相応の効果があり、頭皮を衛生にすることで、初期AGAの進行を遅らせることも可能です。医薬部外品と、医薬品である発毛剤を併用することで、高い効果を発揮することもありますので、気休めだと思わずに適宜選択使用することをおススメいたします。

 

医薬品と医薬部外品の副作用について

医薬品である発毛剤は、治療を目的とした薬剤製品であるため、副作用には特段の注意が必要です。
血管を拡張するミノキシジルのような頭皮に散布するタイプの薬剤は、かぶれ、湿疹、かゆみ、タダレ等の症状が現れたり、低血圧症や肝機能障害等の副作用にも注意が必要です。

 

また男性ホルモンに影響を与えるフィナステリド成分を含む内服の場合は、精子減少、精力減退などの症状に加え、乳房肥大など女性化の症状を引き起こすことがあります。重大な副作用を避けるために、医師や薬剤師の指導の下で、適切な容量・用法を守り、使用していくことが大切です。

 

他方で医薬部外品の育毛剤は、副作用を過度に心配するは必要はありません。重篤な副作用を引き起こすことは稀ですが、アレルギー症状や、他の皮膚病などが生じた場合は、使用を中止し、医師に相談しましょう。

 

まとめ

脱毛が進行し、本格的にAGAの治療を行う場合は、医薬品である発毛剤、育毛剤を使用し、初期の薄毛・脱毛予防には医薬部外品の育毛剤を使用しましょう。また既往症や、他の病気に罹患し、飲み合わせや副作用が心配な場合は、副作用が少ない医薬部外品の育毛剤を用いるとよいでしょう。ただし医薬部外品は、あくまで治療ではなく、予防を目的にしたものであるということを忘れてはいけません。個人の脱毛症状、AGAの進行度合いによって適宜取捨選択していくことが大切です。